2020.9.23

info

2020.9.23 大幅リニューアル

コロナの夏、雷雨の愛の泉

about

▼「愛の泉」は、西高の正面玄関にある小さな正円の池です。完成したのは昭和30年4月、半世紀をこえて西高のシンボルであり続けています。
▼校舎全面改築の際に、装いも新たに生まれ変わリました。すでに十数年が経過しました。


愛の泉:シンプルな定型


仲のよいヒツジグサ


青い葉が伸びる


ヒツジグサ、池に映える


初夏の愛の泉

2020


 

水田のようです。生徒撮影


桜の花びらが埋め尽くす。

入学式後、新入生への部活動勧誘運営は生徒会。


青い葉が伸びる(再掲)


白さが映える。

 

夕方の日差しを受けて。ヒツジグサ

初夏の愛の泉(再掲)


夏の夕暮れ、かなり昔


2010年 夏の夕立 緑が濃い


ヒツジグサ、池に映える
(再掲)


まれに「ガマ」ができる年もあります


繁茂しています


きれいに咲いた

 

秋・記念祭前日


秋・台風襲来2010

桜の紅葉が敷地の色と調和しています。画質劣化版。

 

大雪の日

ここまで積もるのはめずらしい


結氷、その後


冬の冷たい雨


旧景

旧校舎時代の「愛の泉」(60周年記念誌から転載) 。
現在の「愛の泉」や正面玄関が,旧校舎時代の姿や雰囲気を残そうとしたも のであったことがよくわかります。

正面玄関から,愛の泉を望む。場所も大きさも背景も,現在とよく似ています。
掲示板があったようです。右前方には,ハンドコートがあって,現在はそこに視聴覚ホールが建てられたそうです

先代「愛の泉」のペリカンです。この写真では首に赤い飾りがかけられています。 噴水孔をもつ置物ですが,記念誌によれば,池が完成した翌年に生まれた(作られた)そうです。

これは旧校舎から新校舎に建て替えてまもない時期の愛の泉です。新入生への部活動勧誘(4月)の際に撮った写真のようです。「スクールガイド2003」表紙から転載しました。

上の写真と同じような時期の愛の泉です。桜の向こうには、今は存在しないロイヤルホストの屋根が写っています。

 

生きもの

シオカラトンボ

毅然としてたたずむハトB


水を飲むハトB

サギがやってきました。

優美な離陸です。


これは別の機会、やはりサギの離陸


これも鳥らしい 生徒が置いたらしい


カモA:警戒  カモB:入浴


カルガモAB


カルガモAB


2012年段階の金魚

2020年段階の金魚 あまり成長がみられない。


新規投入の高級金魚500円

 

生徒の研究

西高のシンボルとも言われる愛の泉。東大の池とつながっているだの、戸山高校のラジアン池とつながっているだの、はたまたリオデジャネイロとつながっているだの、数々の噂が生まれるこの池です。 愛の泉は、そもそも泉と呼べるか微妙です。泉は湧水が沸いているもののことをいうみたいです。私は、湧水が出ているところをまだ発見していません。ただの雨水じゃないかと思うのですが。そうだとすれば愛の泉の水深は腰より低いぐらいですから、池です。底までコケに埋め尽くされている点を考慮すれば沼ですけど。

沼と言いましても、水はなかなかきれいです。水をすくってみれば透明です。覗いてみればまず赤い比較的大きな魚が目につきます。こぶしぐらいの大きさです。金魚の大きくなったものだと思います。よく見ると、メダカも見ることができます。他にも、ハゼに似ている?ヨシノボリや、季節によってはヤゴを見ることもできます。これらは全て自生しています。

(当該生徒が撮影したヒツジグサ) そして、これらの生物たちに日陰を提供しているのが、スイレンの仲間、ヒツジグサです。 実は、私はこの花を生物部の活動で研究対象としていまして、ヒツジグサについてはそれなりに知っているつもりですが、愛の泉の、他の生物に関してはあまり詳しくないのです。これから勉強します。こういう事情もありまして、今回はヒツジグサについて少しお話ししたいと思います。

スイレンといえば、モネの「睡蓮」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ヒツジグサの見た目はまさにその睡蓮です。ヒツジグサは日本に古来から生息する唯一のスイレンの仲間で、原種の花は直径が4cmぐらいで、白い花を咲かせます。名前の由来は未の刻(午後2時)に花が咲くことからですが、実際は朝から夕方まで、日や個体によって差はありますが、咲いています。 現在、人工的な庭園などで見るこの花は多くが園芸種で、花は5cmより大きく、色も白だけではありません。愛の泉のヒツジグサも直径10cm以上になりますし、色も白、黄、赤と三種で、園芸種だと思われますが、いつ植えられたのかも、だれが植えたのかも分からないのです。 愛の泉のヒツジグサは、4月から9月まで咲いていました。その間は多数の個体が変わりばんこに、毎日咲きます。一つの個体は平均で四日ほど咲いた後、咲かなくなって、水面下に沈んで行きます。西高のシンボルにふさわしい可憐な花です。季節になったら、ぜひ一度ご覧ください。

▼この研究は、「日本学生科学賞:環境大臣賞」を受賞しました。

 

ペリカンの帰還

【 2018 冬 氷との戦い 】

氷結したようす この機会に、枯れ草の撤去に挑戦しました。

かなりの難行です。


しばらく社会科準備室に避難することにしました。

雪の塊の撤去。知恵を働かせます。遠くには梅が満開です。池は氷結しています。ところが左の生徒はいつも半袖。あやうい季節感が西高らしいです。 この機会に、一度ペリカンを回収しました。(画質劣化版)

 

【 2019 春 土曜講座「ペリカンの帰還」 】

ところが2019年は暖冬で、氷結しませんでした。そこで有志30名により、枯れ草の撤去とヘドロの除去、そして休眠していたペリカンを帰還させる試みがなされました。あわせてペリカンの洗顔も行い、元の位置に戻しました。こうして1年2ヶ月ぶりにペリカンが帰還しました。

土曜講座「ペリカンの帰還」

ペリカンと対話する哲学者(3年)のようす


当日、夜8時のペリカン

 

【 2020 夏 メンテナンス 】

コロナの夏、連日の猛暑、水の減少


急遽、昼休みにメンテナンス、水の補給


補給中に猛烈な雷雨、それでも補給継続


よみがえった愛の泉(再掲)

 

東京都立西高等学校
〒168-0081 東京都杉並区宮前4-21-32
tel 03-3333-7771  fax 03-3247-1340

© 2002-2020 tokyo metropolitan nishi high school. all rights reserved.

・京王井の頭線「久我山」10分
・JR西荻窪駅 すぎ丸「西高西門」1分
・JR荻窪駅 関東バス「宮前三丁目」3分
ホーム 校長 概要 学習 取組 行事 部活動 進路 施設 入試 説明会 保護者 経営企画室 保健室 卒業生 アクセス リンク