2020.3.9
 

info

歴史研究部です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

▼歴史研究部から

歴史研究部は、部員および他の生徒の探究心を満たすべく、日々研究に励んでいます。歴史だけを研究するのではなく、思想、政治、経済から自然科学などについて見識を深めることにより、多角的な視点で社会を見渡す力を鍛えます。部員は個性豊かで、興味・関心のある分野もそれぞれ大きく異なります。われわれが最も重視するのは、なぜ?と問う知的好奇心です。
 

▼活動内容
・部誌『甍』記念祭号の発行。
・記念祭における展示。
・部誌『甍』新入生歓迎号の発行。
・歴研顧問の主宰する校外学習への参加

▼ 活動場所
・部室 その他

活動計画(都様式)
歴史研究部活動計画

 

部員数

 2019 年度の部員数
学年
1年  1  3  4
2年  2  2  4
3年  2  2  4
 5  7 12

 

2019

2019.8.7

日本史校外学習 歴史研究部協賛

日本の中世を歩く:石橋山古戦場から根府川駅
(日本の近代を歩く34)

東海道線早川駅から国道を歩き、途中から山道に入る。

急坂を登ると東海道線と相模湾が見える。

山上の古風な神社に出た。

神社とは言わず「佐奈田霊社」

社の中に入れていただき、神主さんに話を伺う。

石橋山の戦いで奮戦した佐奈田与一は、頼朝から感状を受け取る。

境内から

石段を下り、与一塚へ向かう。かなりの急坂。

このあたり一帯が石橋山の古戦場とのこと。

日当たりの良い、山の斜面を切り開き、果樹が植えてある。

東海道線の古風なトンネルの上を歩く。

眼下には相模湾、左は小田原市、はるか彼方には三浦半島。頼朝が最後に拠点を置いた鎌倉のあたりか。

岩を越えて海に向かう部員たち。

米神漁港の防波堤

米神の海岸、正面は真鶴半島。敗残の頼朝は、海を渡り安房に逃れる。

茨木のり子さんの詩の冒頭「根府川 東海道の小駅 赤いカンナの咲いている駅」をめざし、炎天下の道を根府川駅まで歩きました。カンナはなかったのですが、海が見えるすてきな駅でした。

▼右上は、出発地の早川駅です。
▼茨木のり子「根府川の海」には、1945年夏の思い出が記されています。

 

大会結果

▼ 近年の記録

2019 令01
・『甍』記念祭号の発行
・校外学習「石橋山古戦場〜根府川駅」

2018 平30
・『甍』記念祭号の発行
・『甍』新入生歓迎号の発行
・校外学習「伊能忠敬」

2017 平29
・『甍』記念祭号「国と海」の発行
・『甍』新入生歓迎号の発行
・校外学習「鎌倉を歩く」


photo

卓球部

 

 

 

 

その他

・各部への移動 → menu-bar右のmenu
・ページ内移動 → scroll or menu-bar各項目
・左上角の校章 → home

・スマートフォンに、より適合したページです。

東京都立西高等学校
〒168-0081 東京都杉並区宮前4-21-32
tel 03-3333-7771  fax 03-3247-1340

© 2002-2020 tokyo metropolitan nishi high school. all rights reserved.

・京王井の頭線「久我山」10分
・JR西荻窪駅 すぎ丸「西高西門」1分
・JR荻窪駅 関東バス「宮前三丁目」3分
アメフト サッカー 硬式野球 陸上競技 男子硬式テニス 女子硬式テニス ソフトテニス 水泳 男子ハンド 女子ハンド 男子バレー 女子バレー 男子バスケ 女子バスケ バドミントン 体操 剣道 卓球 ダンス ワンゲル 管弦楽 吹奏楽 ゴスフリ 演劇 物理 化学 生物 美術 茶道 華道 園芸 文芸 写真 映画研究 歴史研究 宇宙研究 イラスト研究 囲碁将棋 かるた CR東日本  ディベート 放送 新聞 シブ楽隊 軽音楽 つるばみ 数学研究