2020.3.9
 

about

ワンダーフォーゲル部です。

▼顧問から
・他の部活動のページと異なり、以下は全て顧問による記載です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・Wandervogel と書きます。ドイツ語で、wander(自由、気まま)なvogel(鳥)が原義で、渡り鳥という意味もあります。
ワンゲル部WV部と省略します。

・野外活動を行う部で、都立高校の場合には他校の「山岳部」とほぼ同義です。
・都立高校では、文部科学省および都教委による制約があり、「冬山と岩登りを実施することはできません」。西高の ワンダーフォーゲル部も同様です。

・活動場所が野外、それも山岳地域であるため、いろいろな意味で他の部活動とは異なります。活動形態や費用のかかる装備、テントに泊まる幕営、試合などが存在しないことなど、極めて特殊な部活動です。

・宿泊は全て幕営(テント泊)になります。重い荷物を背負って,こんなことをして何が楽しいのかと思うこともありますが,北アルプスの稜線で、雄大な展望に出会えば,それまでの苦労が吹き飛びます。ただし悪天候のために、幕営地に停滞し、撤退することもあります。いずれにしても非日常的世界への挑戦ではあります。

・このような変わった部活動であり、安全を最優先して、山に登ります。安全優先のために、山岳活動の際の制約はとても大きいです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

▼活動内容
山行に向け
・トレーニングと準備
・生活技術(設営、装備、食事)を習得する。
・年間6回の公式山行 山での経験を重ねる。

・最大の目標は、 4泊5日の夏山合宿です。

・運動部,文化部の区分など既成の概念を超え,さまざまな文化活動に挑戦する。  ex. 記念祭への参加 (展示、映像、文集等)

▼ 活動場所
・校外(山岳) 校内 その他

活動計画(都様式)
ワンダーフォーゲル部活動計画

 

部員数

 2019 年度の部員数
学年
1年  6  4 10
2年  5  6 11
3年  9  1 10
20 11 31

 

pos

 

山行

▼ 近年の記録

2019 令01年度
▼公式山行 72,73,74期
・新歓山行 日帰り  奥多摩:棒ノ折山
・六月山行 日帰り  中央沿線:大菩薩嶺
・七月山行 1泊2日 奥多摩:六ツ石山
・夏山合宿 4泊5日 北アルプス:白馬岳
・耐寒山行 1泊2日 富士山麓:竜ヶ岳
・春山山行 日帰り  新型コロナのため中止

2018 平30年度
▼公式山行 71,72,73期
・新歓山行 日帰り  丹沢:大山
・六月山行 日帰り  中央沿線:大菩薩嶺
・七月山行 1泊2日 奥多摩:御岳山
・夏山合宿 4泊5日 北アルプス:穂高岳
・耐寒山行 1泊2日 中止
・春山山行 日帰り  箱根:幕山

2017 平29年度
▼公式山行 70,71,72期
・新歓山行 日帰り  中央沿線:高川山
・六月山行 1泊2日 中央沿線:大菩薩嶺
・七月山行 日帰り  奥多摩:日ノ出山
・夏山合宿 4泊5日 北アルプス:白馬岳
・耐寒山行 1泊2日 富士山麓:竜ヶ岳
・春山山行 日帰り  奥多摩:臼杵山

2016 平28年度
▼公式山行 69,70,71期
・新歓山行 日帰り  奥多摩:日ノ出山
・六月山行 1泊2日 八ヶ岳:権現岳
・七月山行 日帰り  中央沿線:扇山
・夏山合宿 4泊5日 北アルプス:穂高岳
・耐寒山行 1泊2日 富士山麓:三方分山
・春山山行 日帰り  奥武蔵:高山不動

2015 平27年度
▼公式山行 68,69,70期
・新歓山行 日帰り  中央沿線:高川山
・六月山行 日帰り  奥武蔵:武川岳
・七月山行 1泊2日 中央沿線:大菩薩嶺
・夏山合宿 4泊5日 北アルプス:白馬岳
・耐寒山行 1泊2日 富士山麓:竜ヶ岳
・春山山行 日帰り  箱根:浅間山

2014 平26年度
▼公式山行 67,68,69期
・新歓山行 日帰り  中央沿線:日ノ出山
・六月山行 日帰り  奥武蔵:伊豆ヶ岳
・七月山行 1泊2日 八ヶ岳:権現岳
・夏山合宿 4泊5日 北アルプス:穂高岳
・秋山山行 1泊2日 中央沿線:大菩薩嶺
・春山山行 日帰り  奥武蔵:丸山


photo

以下の写真については、ほとんどが天候の良い、好条件の山行の場合です。

・実際には雨や風などで悪条件の山行となり、悲惨で困難な状態に陥ることもままあります。

・中学生のみなさんは、くれぐれも誤解のないようにしてください。(顧問)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・まず先に、困難な経験を何枚かお見せしましょう。


2011 夏山合宿(北アルプス・穂高岳)
幕営地の涸沢。第3日は雨で一日中で停滞(テントの中で過ごす)。第4日も天候は回復せず、涙を飲んで下山する。せめてもの記念写真。


2013年の夏山合宿(北アルプス・白馬岳)第2日 小雨の中、白馬大雪渓を登る。雪面の状態が悪く、滑ってとても苦労した。


2013年の夏山合宿(白馬岳)第4日 白馬岳頂上宿舎の幕営地を、冷雨の中で出発する。寒い稜線を注意して歩くだけ。希望はもてない。


2015年の夏山合宿(白馬岳)第3日 朝 前夜は強い雨が続き、一部のテントは水没した。それでもねばり強く炊事をする。忍耐力はつきそうだ。


2017年の六月山行(大菩薩)第2日。雨の中を、黙々と歩く。
下山したところに、たまたまあるかもしれない温泉だけが希望だ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

▼ここからは、天候に恵まれた場合の山行です。

卓球部
夏山合宿(北アルプス・穂高岳)


夏山合宿(北アルプス・穂高岳)


夏山合宿(北アルプス・穂高岳)


記念祭展示


立体模型(北アルプス・白馬岳)


夏山合宿(北アルプス・穂高岳) 奥穂高岳の下り


夏山合宿(北アルプス・白馬岳)白馬岳稜線:奥の三角形の山は剣岳


夏山合宿(北アルプス・穂高岳)涸沢手前の雪田を登る


夏山合宿(北アルプス・白馬岳)白馬岳稜線で日の出を待つ


六月山行(大菩薩:福ちゃん荘幕営地)


六月山行(大菩薩:福ちゃん荘幕営地)

 

その他

・各部への移動 → menu-bar右のmenu
・ページ内移動 → scroll or menu-bar各項目
・左上角の校章 → home

・スマートフォンに、より適合したページです。

東京都立西高等学校
〒168-0081 東京都杉並区宮前4-21-32
tel 03-3333-7771  fax 03-3247-1340

© 2002-2020 tokyo metropolitan nishi high school. all rights reserved.

・京王井の頭線「久我山」10分
・JR西荻窪駅 すぎ丸「西高西門」1分
・JR荻窪駅 関東バス「宮前三丁目」3分
アメフト サッカー 硬式野球 陸上競技 男子硬式テニス 女子硬式テニス ソフトテニス 水泳 男子ハンド 女子ハンド 男子バレー 女子バレー 男子バスケ 女子バスケ バドミントン 体操 剣道 卓球 ダンス ワンゲル 管弦楽 吹奏楽 ゴスフリ 演劇 物理 化学 生物 美術 茶道 華道 園芸 文芸 写真 映画研究 歴史研究 宇宙研究 イラスト研究 囲碁将棋 かるた CR東日本 ディベート 放送 新聞 シブ楽隊 軽音楽 つるばみ 数学研究