sample

アメリカ研修

 2019.9.24


→ jump for smartphone
information   出国 JFK空港  ボストン市内  4 フェアヘイブン JFK    ハーバード大学 MIT   AMSA高校 ブロード研究所 ファイナルプレゼンテーション  ボストン市内 ハーバード大学講義  8 NYへ 国際連合本部 西高同窓会  9 ニューヨーク市内 10 帰国 11その他 menu

第7回アメリカ研修



information new!

「アメリカ研修募集要項・説明会のご案内」
9月17日(火)配布済 (1,2年)

説明会
10月5日(土)17:00〜18:00
本校 視聴覚ホール
参加希望者は「希望票」を 10/2水 までに提出(提出先:英語科・濱野)

 

 

海外リーダーシッププログラム

2020春 第7回 アメリカ研修

 令和元年度:2019年度
 ( 2020.3.21 〜 3.30 実施 )

  募集人員   40名
  最少催行人員 40名
 ・対象  1、2年生徒
 ・詳細は、9月17日(火)配布の文書をご覧ください。

第2〜6回の写真で研修の概要を辿ってみましょう。
※ 各年度によって、一部の行程は異なりますが、おおよそは同じです。
※ 各回の写真を混在させています。
※ 写真の画質は落としてあります。

 

第1回研修は、270枚の写真による詳細なページがあります。1914年3月の第1回アメリカ研修について、時系列に研修の行程をたどっているので、参考にしてください。

 

行程の概要

 1 出国 ボストンへ
 2 ボストン市内
 3 ハーバード大学
 4 MIT(マサチューセッツ工科大学)
 5 研究所訪問
  現地高校訪問
 7 英語でのプレゼンテーション
 8 ハーバード大学における講義
 9 NYへ 国際連合本部 
 10 西高同窓会NY支部 帰国
  


 

1 出国 ボストンへ

※ 日付変更線を越えるので、1日戻ります。


成田空港出発ロビー


第1回はデルタ、近年は日本航空の便です。


最初はニューヨーク着、ボストンまでバスでしたが、現在はボストン直行便を利用しています。


ボストン空港到着


入国手続き


星条旗がお出迎え。


ボストンの宿舎に到着


 

2 ボストン市内

 

宿舎でのようす


バスで出発。ねこバスに似ています。


地下鉄に乗ることもあります。


ミーティング


ミーティング


ミーティング


毎日の「振り返り」はけっこう大変です。


出発前の打ち合わせ


全体でのミーティング


食事はアメリカ流


ピザです。


ボストン市内をバディと見学。クインシー・マーケット


マサチューセッツ州議事堂


メジャーリーグの強豪、ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイパーク球場を見学しました。2014 再掲


外野席のグリーンモンスターから 2014 再掲

 

ボストン美術館


ボストン美術館は毎年訪問しています。


Paul Gauguin ”D'où venons-nous ? Que sommes-nous ? Où allons-nous ?”
ゴーギャン「われわれはどこから来たのか?  われわれは何者か?  われわれはどこへ行くのか? )


入口で記念撮影。

 


 

3 ハーバード大学

 

ハーバード大学

Harvard University

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


静かな構内 2014 再掲


リスも私たちと一緒に説明を聞く。 2014 再掲


パリッシュホールで 2014 再掲


10人ずつに分かれて話を聞く。 2014 再掲


対話は英語だけで行われる。 2014 再掲


小人数だとフレンドリーになれる。 2014 再掲


西高生からのお礼の言葉 2014 再掲

 

 

ハーバード大学自然史博物館

Harvard Museum of Natural History

 



 

4 MIT

 

MIT(マサチューセッツ工科大学)


84 MIT入口


MITの内部  2014 再掲


中庭でも話を伺う。記念撮影。  2014 再掲


産学協同:MITとティファニーの連携 2014 再掲


研究現場がガラス張りで外から見られる。 2014 再掲


自らの体験を語ってもらう。  2014 再掲


パネル展示から  2014 再掲


パネル展示から 2014 再掲


パネル展示から 2014 再掲


パネル展示の前で 2014 再掲


脳の情報伝達のようすについて説明 2014 再掲


同上 2014 再掲


ガラスケース:遺伝子の説明 2014 再掲


同上 2014 再掲


 

6 研究施設訪問、各種の講義

 

▼ハーバード大学、MIT、関連のコッホ研究所、ブロード研究所、毎晩行われるイブニングセッションなど、さまざまなかたちで講義が行われます。いずれも、問いかけが多く、考える、発信することをことを強く求められます。

▼講義や説明は英語で行われます。もちろん、日本の高校生に向けてのわかりやすい英語ですが、必死で理解しようとしなければ、わかりません。

▼2014年の写真を多用しています。撮影資料の関係です。毎年全ての回で同じような研究施設訪問やハーバード大学での講義(英語)を実施しています。

 


MIT付属のコッホ研究所

 

 

 

 


イブニングセッション


イブニングセッション 2014 再掲

 

ブロード研究所

ブロード研究所は、MITとハーバード大学の共同出資


ブロード研究所を訪問 2014 再掲


研究施設の見学 2014 再掲


最先端の研究設備を見学する。 2014 再掲


同上 2014 再掲


同上 2014 再掲


同上 2014 再掲


同上 2014 再掲


ブロード研究所の日本人研究者による講義


マラリア防疫についてのわかりやすい説明 2014 再掲


146 同上 2014 再掲


同上 2014 再掲


同上 2014 再掲


西高生からお礼の言葉 2014 再掲

 

ハーバード大学での講義


ラドクリフ・ヤードの配置図 2014 再掲


講義会場のベイリーホール 2014 再掲


ベイリーホールの概観:地下の講義室が会場 2014 再掲


ハーバード・ビジネススクール教授による講義 2014 再掲


自己啓発についての講義 2014 再掲


生徒の真剣なまなざし 2014 再掲


長所を伸ばすことの重要性について 2014 再掲


教授からの問いかけ 2014 再掲


小グループに分かれて 2014 再掲


それぞれの長所を確認する。 2014 再掲


講義は自由なスタイルで行われる。 2014 再掲


講義の雰囲気がよく伝わってくる。2014 再掲


生徒に考えさせる。 2014 再掲


説明のようす 2014 再掲


英語での説明もわかりやすい。 2014 再掲


ベイリーホール前での記念撮影 2014 再掲


ハーバード大学での講義(英語)


ハーバード大学での講義(英語)


ハーバード大学での講義(英語)



 

7 現地のハイスクール訪問

 

▼近年は、近郊のポーツマス高校を訪問しています。訪問時間も1日に伸びました。同年代のアメリカの高校生と行動をともにするので、各種講義とはまた異なる体験になります。

▼ポーツマスは、日露戦争の講和条約が結ばれた地として、日本人にたいへんなじみがあります。1905年8-9月に、アメリカ大統領T・ルーズベルトの仲介で、日本全権小村寿太郎外相(第一次桂太郎内閣)がロシア全権ウィッテと講和交渉を行い、その結果ポーツマス条約が調印されました。

 

ポーツマス高校訪問

 

 

AMSA高校訪問

 

第1回アメリカ研修のページと重複しますが、時系列になっていて、わかりやすいので再掲します。

 


この日の出発はまだ暗い早朝 2014 再掲


ボストン郊外のAMSA高校を訪問 2014 再掲


西高生のあいさつ 2014 再掲


AMSA高校生の中に西高生が入る。 2014 再掲


生徒同士の歓談 2014 再掲


同上 2014 再掲


同上 2014 再掲


午前中の授業に参加する。 2014 再掲


History の授業 2014 再掲


説明を受ける。 2014 再掲


同じように課題を解く。 2014 再掲


これもHistory の授業 2014 再掲


ペアの生徒の授業にシャドウイングする。2014 再掲


相互に尋ね合う。 2014 再掲


参加型の授業 English 2014 再掲


別な English の授業 2014 再掲


ホールでのガイダンスに参加した生徒も 2014 再掲


エントランスでペアになった生徒とお別れ 2014 再掲


西高校長からAMSA校長へのおみやげ 2014 再掲

 


 

8 ファイナル プレゼンテーション


ファイナル・プレゼンテーション会場へ  2014 再掲


2班20人ずつに分かれます。  2014 再掲


英語でプレゼンテーション 2014 再掲


同上  2014 再掲


同上  2014 再掲


同上 2014 再掲


バディが採点と講評 2014 再掲


良いところと良くないところを指摘する。 2014 再掲


別な階の食堂で食事  2014 再掲


プレゼンテーションの優秀者が発表される。 2014 再掲


同上  2014 再掲


最優秀者2名の英語プレゼン(2年) 2014 再掲


最優秀者2名の英語プレゼン(1年) 2014 再掲


同上 2014 再掲

 


 

8 ニューヨーク

 

ボストン ~ ニューヨーク


ボストンを離れニューヨークに向かう。2014再掲


フリーウェイをニューヨークへ南下 2014再掲


バスの中で学友歌の練習 2014再掲


直線道路が続く。 2014再掲



雨のニューヨーク市街  2014再掲


グランドセントラル駅の道路標識  2014再掲


 

国際連合本部


217 国際連合(United Nations)の本部


国連本部ビルを背景に記念撮影


国連開発計画の河野毅氏よりレクチュア 2014再掲


場所は国連本部内の会議室  2014再掲


国連職員としての海外経験を話される。 2014再掲


河野氏と記念撮影  2014再掲

 

ニューヨーク市内


コロンビア大学


これもコロンビア大学


舞台芸術の殿堂、リンカーン・センター 2014 再掲


同上  2014 再掲


ジュリアード音楽院の広告 2014 再掲


セントラルパークを歩く。 2014 再掲


優雅な馬車 2014 再掲


3月末なのに、まだ冬枯れの風景  2014 再掲


ジョン・レノン「イマジン」の記念 2014 再掲


ブロードウェイでの班行動  2014 再掲


あいにくの雨 2014 再掲


カラフルな街のようす 2014 再掲

 

9・11メモリアルミュージアム

 


ニューヨーク市街 2014 再掲

 

 



 

10 西高同窓会、帰国

 

西高同窓会(アメリカ支部)との交流

都立西高の同窓会には、アメリカ支部があり、ニューヨークを中心に活動しています。一つの高の同窓会にアメリカ支部があるということ自体が珍しいことでしょうが、第1回研修以来、アメリカで活躍する卒業生の貴重なお話を、アメリカで伺うことができるのは、とても恵まれたことだと思います。最後には「学友歌」を歌ってお別れします。

 


会場はニッポンクラブ 2014 再掲


西高生のあいさつ 2014 再掲


学友歌の合唱 2014 再掲


同上 2014 再掲


生徒は個々に卒業生の話を伺う。 2014 再掲


30年以上にわたりNASAに勤務された経験を伺う。 2014 再掲


銀行員としての在米経験を伺う。 2014 再掲


海外に出られたきっかけなどを伺う。 2014 再掲


科学者としての在米経験を伺う。 2014 再掲


若い卒業生の話を聞く。 2014 再掲


世代を超えてさまざまな海外体験を伺う。 2014 再掲


卒業生からのお話 2014 再掲

 

帰国    ※ 1日進む


ホテルの朝食  2014 再掲


同上  2014 再掲


最後のミーティング  2014 再掲


今回の研修を振り返り、全員が語る。 2014 再掲


今回の海外研修のまとめになる。 2014 再掲


ホテル前でバスに荷物を積み込む。 2014 再掲


雨の中、ニューヨーク郊外のJFK空港へ 2014 再掲


JFK空港、搭乗予定のデルタ航空機  2014 再掲


ニューヨーク上空から


成田に到着したのは3月31日の夜  2014 再掲


成田空港到着ロビー(校長の出迎え) 2014 再掲


西高生からの帰国あいさつ 2014 再掲


成田での集合写真