2020.11.16

info

★今年度の2年文化講演会

 終了しました 

 2020年11月11日(水)

 講師 中野明彦 先生(西23期)
    
理化学研究所:光量子工学研究センター副センター長

 「ライブイメージング技術が解き明かすゴルジ体のはたらき」

 対象は2年:74期 体育館

about

2年文化講演会は総務部が主催。 毎年11月に視聴覚ホールで実施しています。 2年生の文理選択の時期に合わせてさまざまな分野の講師の方をお招きして、2年生全員に実施します。

注)今年度はコロナ対応PTA文化講演会」と称されたPTA行事ですが、近年は多様性を増して、「PTA文化イベント」という名称に変更されました。 具体的なようすは、各年度のページをご覧ください。

 

2020年度 中野明彦:理化学研究所
2019年度 中野明彦:理化学研究所
2018年度 ★★★★:根津美術館

2020

 2年:74期

 2020年11月11日(水)

 講師 中野明彦 先生(西23期)
    
理化学研究所:光量子工学研究センター副センター長

 「ライブイメージング技術が解き明かすゴルジ体のはたらき」

 

中野明彦先生の講演


多様なコンテンツを投影しての説明


体育館のようす

動いているゴルジ体のようす。

ゴルジ体の働きを示すチャート

中野先生から、進路選択に臨む西高生へのメッセージをいただきました。

質疑応答の後、西高生から「お礼の言葉」

 

▼11/11水 総務部主催の2年文化講演会。

・理化学研究所:光量子工学研究センター副センター長 生細胞超解像イメージング研究チームリーダー:中野明彦先生による講演です。生細胞超解像イメージング

・講演は「ライブイメージング技術が解き明かすゴルジ体のはたらき」。

・中野明彦先生は西高卒業生(西23期)です。長期にわたり東京大学、理化学研究所で、細胞内の輸送による分子選別メカニズムの解明を進めてこられました。

・生きた細胞のなかで起こっていることを、ありのままに観察するために、中野先生の研究チームは高速超解像ライブイメージング顕微鏡を作成し、ゴルジ体の動いているようすを映像化しました。写真は動いているゴルジ体のようす。

※科目選択を考えている2年生に、進路選択の参考にと、30年以上続いている行事です。コロナ対応のため体育館で実施。寒い中でしたが、74期2年生は集中して、講演を聞きました。

▼ゴルジ体とイメージングについてのアカデミックな話、ご自身のこと、研究者としての姿勢、サイエンスとテクノロジーの話など、多岐にわたる講演でした。中野先生、ありがとうございました。

▼関連HP
理化学研究所:光量子工学研究センター
生細胞超解像イメージング研究チーム

▼中野先生の研究チームのより詳細な内容はこちらです。http://sclim.riken.jp ▼

 

 


 

東京都立西高等学校
〒168-0081 東京都杉並区宮前4-21-32
tel 03-3333-7771  fax 03-3247-1340

© 2002-2020 tokyo metropolitan nishi high school. all rights reserved.

・京王井の頭線「久我山」10分
・JR西荻窪駅 すぎ丸「西高西門」1分
・JR荻窪駅 関東バス「宮前三丁目」3分
ホーム 校長 概要 学習 取組 行事 部活動 進路 施設 入試 説明会 保護者 経営企画室 保健室 卒業生 アクセス リンク